7.話す

Q1:ルームで話すにはどうしたらいいですか。

A:話すためには中心部の円(スピーカーズ・エリア)に入る必要があります。ライブを開始した管理人は、スピーカーズ・エリアに入った状態でスタートします。

fig_%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%81%ae%e8%aa%ac%e6%98%8e_010

管理人以外のメンバーも、ライブへの入室と同時にスピーカーズ・エリアに入ります。ただし、すでにスピーカーズ・エリアが6人で埋まっている場合、その中の誰かが外に出ない限り入ることはできません。

Q2:話すためにマイクやイヤホンは必要ですか。

A:イヤホンやイヤホンマイクを使用しなくてもVoiceLink®をご利用いただけます。イヤホンを利用しての会話も可能です。

Q3:通信環境は話すときの音質に影響しますか。

A:はい。VoiceLink®は音声ストリーミングのため、ライブへの参加時はWifiもしくは4Gでの接続を推奨しています。

また4Gであっても、利用制限状態の場合は回線速度が遅くなるため、音質が悪化する場合があります。音質が悪いと感じた際は、ご利用の通信環境をご確認ください。

Q4:私の声が遅れて伝わっているようです。遅延を減らす方法はありますか。

A:ご利用のスマートフォンの負荷が高く、処理が遅延している可能性、またはインターネット回線の状況が悪い可能性があります。

負荷やインターネット回線の負荷を減らすためには、他のアプリの利用を減らす、インターネット接続の利用を減らす等をお試しください。ご利用中のスマートフォンでVoiceLink®以外のアプリが立ち上がっていないか、動画ストリーミングサービスを利用していないか等をチェックし、負荷やインターネット回線の負荷を減らす余地がないかご検討ください。スマートフォン自体の再起動も有効となるケースがあります。ただしご利用中のスマートフォンの設定、インターネット回線の状況によっては解消できないこともあります。ご了承ください。

Q5:私が発信する音声にノイズが入っているようです。ノイズを減らす方法はありますか。

A:ノイズの原因には以下のような可能性があります。当てはまるものがないかチェックしてください。

(1) 他の音声接続サービスやアプリケーションを立ち上げたり、同時に利用していないか。

→ 他の音声接続サービスやアプリケーションを終了して下さい。

(2) 利用中のスマートフォンに送風機やエアコン等の風があたっていないか 。

→ 利用中のスマートフォンに送風機やエアコン等の風があたらないようにして、ご利用下さい。

(3) イヤホンマイクを利用しているかどうか。

→ イヤホンマイクをご利用下さい。

(4) スピーカーズ・エリア内でスクリーンショット等を撮影した場合、カメラのシャッター音の影響で話者の音声が途切れる場合があります。

→ 通常、2〜3秒で改善されます。改善されない場合は、ライブへの再入室、もしくはアプリそのものの再起動をお試しください。

*一定時間経過後も音質が改善されない場合は、ライブへの再入室、もしくはアプリそのものの再起動をお試しください。

Q6:スピーカーとして入りましたが、私の声が伝わりません。

A:ライブを開始したりスピーカーとして入室した場合、「VoiceLink®がマイクへのアクセスを求めています」というダイアログが表示されます。この表示で「許可」(OK)をタップしてください。「キャンセル」を選択した場合はライブ内で話すことはできません。

*キャンセルした場合は、以下のフローをお試しください。

OSの「設定」 → 「VoiceLink」→ 「マイク」をON

fig_os%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e9%9d%a2%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%ef%bc%89_021
(参考:iOSでの設定画面)

Q7: 私の声は相手に伝わっています。音声に合わせてアイコンも動いています。しかし相手の声だけが聞こえません。どうすれば良いですか。

A: ライブ内でほとんどの機能が利用できているにも関わらず、一部音声だけが一方通行になる場合、ご利用のネットワーク環境が影響している可能性があります。

オフィス内のWi-Fiやケーブルテレビ回線など、特定のネットワークからVoiceLink®に接続すると、一部音声のみ利用できない場合があります。

その場合、端末の「設定」を開き、Wi-Fiをオフにして下さい。4G回線で接続すると改善する場合があります。